ヒューロムスロージューサーhu400は安全設計?

2012年新型と言われる「ヒューロムスロージューサーhu400」
パワーがあってたくさん絞れるジューサーなのはうれしいですが、
その他に気になるのは安全面ではないでしょうか?

 

特にジューサーは刃だったり、すり潰すドラムだったり、
ホーム&キッチン用品の中でも危険な一面を持っている製品になります。

 

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、
ジューサーが安全設計がされているかは、
押さえるべき大事なポイントだと思います。

 

その点、ヒューロムスロージューサーhu-400はhu-300から
比べて投入口を狭められて作られています。

投入口の穴の大きさは縦3.3cm×横4.5cm、
身近な物に置き換えるのならば消しゴムぐらいの大きさになります。

 

もちろんこの大きさだと手全体は入らないけど指がある程度入ってしまう、
という形になりますが、縦長の投入トレイがすり潰すドラムまでの間にあるので、
全く心配はいらない安全な造りになっています。

 

手の小さなお子さんが万が一投入口に手を突っ込もうとしても、
途中でつっかえてしまうので届くことはないと思われます。

 

しかしヒューロムスロージューサーhu400は投入口が狭まっていて、
ドラムまでの距離がある分、果物や野菜などは少し細く切る必要があります。

 

ただ押し棒を使えば簡単に葉ものなど投入することができるので、
その転換しても問題なく使うことが出来ます。

 

安全と使いやすさの両方が考慮されたジューサーだと言えるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:機能面

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ