ジュースを効率よく健康的に飲むためのポイント

ヒューロムスロージューサーをお買い求めようとしている
皆さんがやはり気になるのはポイントは、
どうやったらジュースを効率よく飲む事が出来るか?
ではないでしょう?

 

効率的にジュースから健康の為に栄養を取るには2つのポイントがあります。
それは、
1、新鮮な野菜・果物(加熱・瓶詰・缶詰はだめ)のフレッシュジュース
2、搾りたての物を飲む。

なぜ絞りたての物じゃないといけないかと言いますと、
時間が経つにつれて栄養素が壊れてしまうからです。
(ですから絞ったものを冷蔵庫に取り置きするなどの事はやめたほうがいいです)

 

野菜の万能選手と言われる人参を例に挙げたいと思います。

にんじんに含まれるアスコルピナーゼという物質は、なんと空気にふれることで
活性化し、ビタミンCを破壊してしまうのです。

 

ですから時間を置くと、せっかく絞ったビタミンCを破壊されていまい、
美味しさだけはなく栄養も取り損ねてしまうわけです。

なのでその場で絞ってすぐ飲む!という事が大切になってくるわけです。

 

またこの点が低速ジューサーが優れているという事につながってきます。

高速回転の場合ですと、野菜をすりおろし遠心分離で吹き飛ばします。
そうすると遠心分離でジュースを吹き飛ばすときに、どうしても
ジュースと酸素が大量にふれてしまう事がになってしまいます。

 

つまり酸素に大量にふれてしまうという問題があるわけです。

また石臼式低速ジューサーは、低速で回転するので、人参を圧搾してジュースを
搾り出すの方式ですからで高熱を発生する事がないです。

 

これが高速ジューサーになりますと、摩擦熱が発生してしまいせっかくの野菜の
酵素が変形、つまり死んでしまいやすくなってしまいます。

 

ジュースを作るときに
高速回転で削り飛ばすことと
低速回転で本当に圧搾すること

 

この二つによってジュースの美味しさ・栄養素の違いが大きく出るわけです。

 

ということでヒューロムスロージューサーがご家庭で美味しいフレッシュジュースを
作るのにオススメな理由はよくわかったと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ