低速ジューサーの特徴・利点

美味しいフレッシュジュースをご家庭で楽しむためにオススメとされている
低速回転のジューサーですが、一体何が優れているのでしょうか?と
疑問の方もいらっしゃると思いますので、調べてみました。

 

まず低速回転ジューサーとは、どういうものなのかと言うことについてですが、
だいたい1分間に80回転前後の低速回転でスクリューが回転するものを
いうようです。

「い〜〜〜ち」と数えている間に1〜2回転すると考えれば
確かに低速ですね。ヒューロムスロージューサーの場合は石臼方式ですから
臼が回転する様子をそのまま想像していただければいいのではないでしょうか?

 

それでこの低速回転のジューサー利点は、低速ゆえに摩擦熱の発生が少なく、
熱に弱い栄養素や酵素をなるべく破壊しないジュースを造る事が出来る、
つまり栄養たっぷりのジュースが絞れるという所になります。

 

野菜不足でジュースによって栄養をたくさん取り込もう言うことが目的の
人に取ってみたらこれは大変重要なポイントになりなすよね。

 

また低速回転の場合、野菜をゆっくりとすり潰すように搾るので、
高速遠心力で飛ばすこともなくなり、それにより空気にふれる時間が少なくなり、
酸化しにくくなることも大きな利点としてあります。

 

出来上がったジュースを比較してみていただくと、わかりやすいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ