HU400 低速ジューサーの特徴・利点

駅ナカなどに見られる業務用で新鮮で美味しいジュースを
ご家庭でも楽しんで飲むことが出来るとと言うことで評判になっている
ヒューロムスロージューサーhu400ですが、

そのウリとして宣伝されているのは低速ジューサーと言うことになります。
では低速ジューサーのウリ・特徴とは一体なんでしょう?

ポイント1。
少量でもたくさんの量のジュースが絞れること。
写真では20個のチェリートマトを搾って比較していますね。

明らかに従来のジューサーでは絞り切れてなくてまだ水分が大量に含まれている状態で
とっても損をしていますね。なんてもったいない!!
対してヒューロムスロージューサーのほうはかなり水分が絞れています。

絞れたジュースの量を見てみると2倍くらいになっていますね。
まぁこの比較対象のジューサーがちょっと駄目すぎるような気がしますけど、
1.5倍くらいは絞れると考えてみていいのではないでしょうか。

ポイント2
新鮮な栄養を多く搾り取れる=たくさん栄養を取れる
新鮮なジュースを飲みたいと希望している人の根本の理由にあげられるのが、
野菜不足なのでジュースでおいしくたくさんの栄養を取りたいというのが
あるのではないでしょうか?

少なくとも私の周りの人たちはだいたいそうでした。
(あと口コミを見る限りそうですね!)

そこで従来のジューサーと比べてみるとなんと結果は4倍だそうです…
ビタミンCを見てみるとその差は6倍です。

これが低速回転の一番のメリットですね。
さらにヒューロムスロージューサーの場合は石臼式の圧縮絞りになりますから、
低速回転による摩擦熱が少なく、熱によって壊れてしまう栄養素や酵素を
たくさん取ることが出来るわけですね。

やはり高価なだけはあって業務仕様のレベルなので優れてるわけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ